MENU タップでメニューを表示

ブログアーカイブ

投稿者別アーカイブ

障害者控除

《障害者控除》 相続人が障害者の場合、税額が控除されます。 ◇対象者 85歳未満で障害を持つ相続人(放棄した人を含む) ◇控除額 一般障害者 10万円×満85歳になるまでの年数(1年未満は切り上げ) 特別障害者 20万円 続きを読む

未成年者控除

《未成年者控除》 相続人が20歳未満であれば、税額が控除されます。 ◇対象者 20歳未満の相続人(放棄した人を含む) ◇控除額 10万円×満20歳になるまでの年数(1年未満は切り上げ) 続きを読む

配偶者の税額軽減

《配偶者の税額軽減》 配偶者は、被相続人の財産形成に貢献しているため、今後の生活費の負担を考えた税額軽減があります。取得した財産額が法定相続分、または1億6,000万円までであれば相続税はかかりません。 ◇対象者 被相続 続きを読む

暦年課税分の贈与税額控除

《暦年課税分の贈与税額控除》 相続開始前3年以内の贈与財産には相続税がかかるが、贈与税と相続税の二重課税を防ぐため、すでに支払った贈与税額分が控除される。 ◇対象者 相続・遺言で財産を取得した人で、相続開始前3年以内に被 続きを読む

相続税の計算方法

《相続税の計算方法》 (1) 相続人それぞれの課税価格を求めます。 本来の相続財産+みなし相続財産-非課税財産+相続時精算課税にかかる贈与財産-債務および葬儀費用+相続開始前3年以内の贈与財産=各人の課税価格 計算例 ・ 続きを読む

債務の評価

《債務の評価》 評価するときのローン残高=評価額 住宅ローンの場合、団体信用生命保険の加入がセットになっています。この保険付きローンは、債務者が亡くなった時点のローン残高と保険金とが相殺されます。したがって、相続時点で住 続きを読む

書画・骨董品等、生命保険金の評価

《書画・骨董品等の評価》 売買実例価額、専門の鑑定家による評価、精通者意見価格などを参考   《生命保険金の評価》 保険契約上の保険金=評価額 生命保険金は、みなし相続財産として相続税がかかりますが、一定の非課 続きを読む

ゴルフ会員権の評価

《ゴルフ会員権の評価》 ゴルフ会員権は、取引相場の有無など形態によって評価方法が異なります。 ゴルフ会員権の売買業者のホームページ等で検索すると、現時点の時価を把握することができます。   ・取引相場が有る場合 続きを読む

預貯金の評価

《預貯金の評価》 預貯金は、相続開始時の残高と利子が相続財産として評価されます。 ・預金 預入残高+既経過利子-源泉所得税相当額 *既経過利子は、相続発生時に解約したと仮定して算定 *源泉所得税相当額は、特別徴収されるべ 続きを読む

株式の評価方法

《株式の評価》 株式は上場株式(証券取引所で売買されているもの)と非上場株式(取引相場のない株式)とで評価方法が異なります。 ・上場株式 評価するときの終値×持株数=評価額 上場株式は、その株式が上場されている金融商品取 続きを読む

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ