MENU タップでメニューを表示

ブログアーカイブ

投稿者別アーカイブ

相続財産の評価方法?

《相続財産の評価方法?》 土地の評価 ・宅地の場合 市街地・・・路線価方式 1.路線価と土地面積で評価額を算出 2.土地の形状等などによる加算・減算を行う 郊外地・・・倍率方式 固定資産税評価額と倍率表で評価額を算出 & 続きを読む

相続税の控除の対象

《相続税の控除の対象》 債務や未払い金は相続財産から差し引くことができます。 控除対象になる債務 ・住宅ローン ・事業用ローン ・その他金融機関からの借入金 ・葬儀費用 ・被相続人が納めるべき所得税や消費税 ・亡くなった 続きを読む

相続税のかかる財産は?

《相続税のかかる財産は?》 有形・無形にかかわらず、金銭に見積もることができるすべての財産をいい、一部の非課税財産を除いてほとんどの財産が相続税の対象となります。 相続税のかかる財産 ・土地(田、畑、宅地、山林等) ・建 続きを読む

特別受益

[特別受益] 共同相続人の中に被相続人から特別の利益を受けていた場合に、法定相続分どおりに分けると不公平が生じます。これを是正しようとするのが特別受益の制度です。この特別受益は、相続の前渡しを受けたものとして相続分から差 続きを読む

寄与分

[寄与分] 被相続人に対して、特別の貢献があった相続人には、法定相続分に上乗せして財産を取得できることが民法で定められています。これは、「寄与分制度」と呼ばれ、貢献があった人を寄与者、上乗せされる財産を寄与分と言います。 続きを読む

結婚・子育て資金の一括贈与の非課税措置

[結婚・子育て資金の一括贈与の非課税措置] 平成27年4月1日~平成31年3月31日までの拠出 最大1,000万円まで贈与税が非課税になります。 (適用条件・内容等) ・贈与者  受贈者の直系尊属 ・受贈者  20歳以上 続きを読む

教育資金の一括贈与の非課税措置

[教育資金の一括贈与の非課税措置] 直系尊属からの教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税措置について、一定の見直しを行った上で、その適用期限が平成31年3月31日まで延長されました。 (適用条件・内容等) ・贈与者  受 続きを読む

住宅取得等資金贈与 平成27年度

≪住宅取得資金贈与≫ ・直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置について、制度の見直しが行われ、その適用期限も延長されました。 平成29年4月の消費税率10%への引き上げに伴う経過措置(平成25年 続きを読む

養子縁組による節税対策

・養子縁組をすることで法定相続人が増える為、そのぶん基礎控除額が増え、生命保険金や死亡退職金の非課税枠も大きくなります。相続税の計算上法定相続人の数に含めることが出来る養子は、実子がいる場合は一人まで。実子がいない場合は 続きを読む

不動産の相続登記

・不動産の名義変更は、法務局(登記所)で所有権の移転登記をすることで成立し、この手続きは一般に相続登記と呼ばれています。遺産分割協議が纏まったら、すみやかに取得した財産の名義変更を行います。名義変更は義務ではありませんが 続きを読む

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ