MENU タップでメニューを表示

ブログアーカイブ

投稿者別アーカイブ

空き家対策特別措置法

更地にすると税金が6倍になる税制撤廃→空き家を放置させない制度へ 現在、空き家は全国に820万戸を超えるまでに拡大し深刻な社会問題となりました。地方自治体では、地震や台風など災害による倒壊や景観および衛生上、地域住民の生 続きを読む

相続税は基礎控除額以下であればかからない

相続や遺贈によって財産を引き継いだすべての人に相続税がかかるわけではありません。相続税の基礎控除額は、 「3000万円+600万円×法定相続人の数」です。相続財産の額がこの基礎控除額を超える場合に、相続税がかかります。 続きを読む

アパートや駐車場経営で節税する

相続税の財産評価では、アパートやマンションを建てて他人に貸している土地(貸家建付地)の場合、評価額が下がります。アパート建築の為に現金を支出することで財産も減少します。銀行から借金をした場合でも、債務として相続財産から控 続きを読む

遺言を理由に、退去要求

五年前から同居し介護していた母が亡くなりました。その後、唯一の兄弟である兄宛に、自宅不動産を相続させる旨の公正証書遺言があるのが分かりました。兄が母と一緒に暮らした時期に作られたようです。兄は母よりも先に亡くなっているの 続きを読む

生命保険金の活用

代償分割や納税資金として生命保険を活用する場合、主に下記の3つの契約パターンがあります。 それぞれメリット・デメリットがあり、それにより課税される税金も変わります。   被相続人が保険料を負担し、相続人が保険金 続きを読む

オープンチラシ 作りました

相続に関するお悩み抱えていませんか?ぜひ、この機会に不動産と相続について一緒に考えてみませんか? 当事務所では相続に関するお悩み、問題を解決するため各分野の専門家と連携し、一つの窓口で対応いたします。 続きを読む

生命保険の活用

生命保険に加入し、納税資金を準備する 相続税は、相続で財産をもらったひとが負担する税金です。 被相続人が亡くなった日の翌日から10カ月以内に、原則、現金で一括納付します。 相続税の予想額を出し、財産分与を考えると、相続時 続きを読む

小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例 相続した土地のうち、居住用は330㎡、事業用は400㎡までに対し、その土地の評価額の80%を減額する ことができます。不動産貸付用は200㎡まで50%減額できる制度です。 特定居住用宅地の特例要件(特 続きを読む

遺産の分割方法

遺産分割、4つの主な方法 ①現物分割 現物のまま財産を一つひとつ分割する方法 ・財産をそのまま残すことができるが、相続分どおりに分配しにくい点がデメリット ・現金など現物で分けられる財産が多いときに選択 ②代償分割 相続 続きを読む

暦年課税による生前贈与を活用

暦年課税のポイント ・1年間にもらった財産の合計額に対して課税 ・110万円の基礎控除がある ・贈与を受けた人に対して課税       贈与を相続税の軽減のために活用するには、その財産の受け 続きを読む

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ