MENU タップでメニューを表示

だれが、どれだけ相続できる?

法定相続分の割合1

亡くなった人の遺産を引き継ぐことができる人は、民法で定められています。
・亡くなった人のことを「被相続人
・遺産を引き継ぐことができる人のことを「相続人
といいます。
相続人になれるのは、被相続人の
・配偶者
・子
・父母
・兄弟姉妹
です。
配偶者は、必ず相続人となります。
ところが、子、父母、兄弟姉妹の場合、それぞれ相続人となる順番が決まっています。
・第1順位 子
・第2順位 父母
・第3順位 兄弟姉妹
となります。
たとえば、第1順位の子がいる場合には、第2順位の父母および第3順位の兄弟姉妹が相続人になることはありません。

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ