MENU タップでメニューを表示

<よくある相続トラブル>

おもな財産は自宅だけ。

おもな財産は自宅だけ1

 

おもな財産は自宅だけ2

 

おもな財産はじたくだけ3

 

<問題点>

実家で親(被相続人)と同居していた長男は、親が亡くな

れば自分が家を引継ぐのが当然だと思っていました。

しかし、子供3人で相続する場合、法定相続分は3分の

1ずつです。長女と次男は正当な権利を主張しています。

しかし現金や預貯金と違って不動産は分けにくい財産で

す。売却して分ける方法もありますが、長年その家に住

んでいる長男が家を出て自宅を売却するのは難しいで

しょう。

 

 

おもな財産は自宅だけ。→対策方法は?

・父親が遺言を残すべきだった
このケースの場合は、まず父親に遺言書を作成してもらうべきでした。「自宅を長男に相続させる」という遺言があれば、長男は問題なく自宅を相続できたのです。法定相続分は、遺言がない場合に分け方の目安となるものです。遺言があれば遺言が優先されます。
ただし、相続人には、どのような遺言があったとしても、最低限保証される相続割合(遺留分)があります。遺言を作成する場合には、この遺留分に十分に配慮することが大切です。

生命保険を活用
特定の相続人が自宅を相続する場合、相続人の1人が自宅を相続する代わりに、ほかの相続人には、相続分に応じた額を金銭(代償金)で支払う方法があります。このことを「代償分割」といいます。自宅を取得する相続人に資金力がない場合は、被相続人が生前に、その相続人を受取人とする生命保険に加入して、生命保険金を代償金の原資にする方法があります。

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ