MENU タップでメニューを表示

相続人間の不公平を解消するには?

相続人間の不公平があまりにも大きいと、遺産分割協議が不調に終わる可能性が高まります。相続財産は必ずしも現金化できるものばかりではないため、キッチリ相続分どおりに分けることは困難です。
この問題を解消するための方法として「代償分割」があります。
代償分割は、相続財産を多く引き継いだ相続人が、自分自身の財産を他の相続人に渡す方法です。
一般的には、金銭で授受を行います。
しかしながら、相続人自身にまとまったお金があるケースは、そう多くありません。
そこで、生命保険を活用することが考えられます。
たとえば、生命保険の受取人を長男にし、その保険金を原資として、次男や長女に現金を渡すことによって、相続人間の不公平を解消することに役立ちます。

代償分割の図面

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ