MENU タップでメニューを表示

贈与税とは(暦年課税)?

贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に該当する場合に「相続時精算課税」を選択することができます。
暦年課税の場合、贈与税は、1人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額に課税されることになります。
また、贈与税には110万円の基礎控除があります。したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要)。
基礎控除額は、贈与をした人ではなく、贈与を受けた人1人につき年間110万円と決められています。したがって、2人から各110万円ずつ合計220万円の贈与を受けたとしても、基礎控除額は110万円として計算します。

zei_zeimusyo

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ