MENU タップでメニューを表示

暦年課税による生前贈与を活用

暦年課税のポイント
・1年間にもらった財産の合計額に対して課税
・110万円の基礎控除がある
・贈与を受けた人に対して課税

 

暦年課税 ケース1図面

 

 

暦年課税 ケース2図面

贈与を相続税の軽減のために活用するには、その財産の受け渡しが、「贈与」と認められなければなりません。
そのためには →

贈与契約書を交わし、書面に残す
・現金の場合は銀行振り込みにして証拠を残す
・印鑑や通帳を相手に渡し、もらった人が自由に使えるようにする(名義預金は、贈与として認められません)
・株式は名義の書換えをする
・贈与するごとに契約書を作成する(定期贈与と認定されないようにする)
・毎年、同じ時期に同じ金額を渡さない

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ