MENU タップでメニューを表示

遺産の分割方法

遺産分割、4つの主な方法
①現物分割
現物のまま財産を一つひとつ分割する方法
・財産をそのまま残すことができるが、相続分どおりに分配しにくい点がデメリット
・現金など現物で分けられる財産が多いときに選択
②代償分割
相続人の1人が財産を多く取得する代わりに、他の相続人に金銭を支払う方法
・公平な分割が可能だが、相続人に代償金を支払う資力がないと実現できない
・親と同居の親族が自宅を相続する場合などに選択
③換価分割
相続財産をすべて売却して、その代金を分割する方法
・公平な分割が可能だが、譲渡益に対して所得税と住民税がかかる
・現金が少ないときや自宅が別にあり、売却しても支障がないときなどに選択
④共有分割
相続人全員で共有する方法
・公平な分割が可能だが、個人で自由に使用したり処分したりできない(資産の自由度が低下)。また、共有者 に相続が起こると権利関係が複雑化する
・近い将来売却して現金化する予定があるなどに選択(基本的には好ましくない)

 

①現物分割

 

現物分割 図面

 

②代償分割

 

代償分割 図面

③換価分割

換価分割 図面

 

④共有分割

共有 図面

 

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ