MENU タップでメニューを表示

生命保険料の贈与

子供に生命保険料を贈与する場合には、注意が必要です。

(事例)
・被保険者        ・・・父
・保険契約者・保険料負担者・・・母
・保険金受取人      ・・・子
のケースです。

母は自分の預金口座より保険料を支払い、子にその保険料の贈与しようと考え、子も承知しました。
2人とも1年間の保険料合計が110万円(基礎控除額)以下のため、贈与税は関係ないと思っていました。
ところが、贈与税のかかるタイミングは、相続が起こり、生命保険を受け取ったときです。
しかも、相続税ではなく、母から子への贈与ですから贈与税となり、税金の負担が非常に重くなります。

生命保険料の贈与 図面1

保険料を贈与するには、子に現金を贈与して、子が保険契約者・保険料負担者となる必要があります。

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ