MENU タップでメニューを表示

生命保険の活用

生命保険に加入し、納税資金を準備する

相続税は、相続で財産をもらったひとが負担する税金です。
被相続人が亡くなった日の翌日から10カ月以内に、原則、現金で一括納付します。
相続税の予想額を出し、財産分与を考えると、相続時にどれくらいの現金が必要となるか、ある程度予想できます。
相続財産が現金化できるものであれば、相続財産を売却したお金で納付することができますが、不動産はあるが必要とされる現金がないこともあります。それでも相続財産の分割金や納税資金は必要ですから、そのための用意は必要です。相続人になってもお金は急に増やせないということです。
生命保険に加入しておき、分割金、納税資金を準備することができます。

納税資金確保の図面

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ