MENU タップでメニューを表示

遺言を理由に、退去要求

五年前から同居し介護していた母が亡くなりました。その後、唯一の兄弟である兄宛に、自宅不動産を相続させる旨の公正証書遺言があるのが分かりました。兄が母と一緒に暮らした時期に作られたようです。兄は母よりも先に亡くなっているのですが、遺言を理由に、兄の息子二人から母名義の家からの退去を求められています。

悩み2

母親の法定相続人はあなたの他に、亡き兄の法定相続人である二人の息子(あなたのおい)で、遺言などが存在しない場合、法定相続分はあなたが二分の一で、おいはそれぞれ四分の一になります。遺言がある場合、遺言者の死亡時から効力を生じます。「相続させる」という遺言については、遺産分割の方法が指定されたものであるとされています。しかし、母親が自宅を相続させるとした兄が先になくなっている場合、遺言の効力が問題となります。「相続させる」とした遺言者は、通常、遺言時に特定の推定相続人(今回は兄)に、遺産を取得させる意思を有するにとどまり、代襲相続人(おい二人)やその他の者に遺産を相続させる意思があったとみるべき特段の事情がない限り、その効力を生ずることはないと解するのが相当という最高裁判決が出ています。特段の事情は「相続させる」という遺言の条項と遺言書の他の記載との関係、遺言書作成当時の事情及び遺言書の置かれていた状況等から判断されることになります。したがって、自宅を亡き兄に「相続させる」という今回の遺言は、おいにまで効力が生じません。もし、おいから亡き兄に代わり、自宅を相続させる意思であるとの主張があれば、それが特段の事情にあたるかが問題となります。しかし、基本的には、遺言の効力は生じないので、自宅の相続については法定相続人間で協議して決めることになります。遺産分割協議が調うまでは建物を明け渡す必要はありません。

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ