MENU タップでメニューを表示

相続税は基礎控除額以下であればかからない

相続や遺贈によって財産を引き継いだすべての人に相続税がかかるわけではありません。相続税の基礎控除額は、
3000万円+600万円×法定相続人の数」です。相続財産の額がこの基礎控除額を超える場合に、相続税がかかります。

基礎控除額以下であれば相続税はかからない

さまざまな特例や税額控除がありますので、相続財産が基礎控除額を超えても、相続税を納めずに済む場合があります。とくに被相続人の配偶者は優遇されています(配偶者の税額軽減)

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ