MENU タップでメニューを表示

不動産の相続登記

・不動産の名義変更は、法務局(登記所)で所有権の移転登記をすることで成立し、この手続きは一般に相続登記と呼ばれています。遺産分割協議が纏まったら、すみやかに取得した財産の名義変更を行います。名義変更は義務ではありませんが、被相続人名義のままにしておくと売却したり、不動産を担保にお金を借りたりすることができません。また、名義変更しないまま次の相続が起こると、権利関係が複雑になり、のちのち子供や孫が苦労する可能性があるため、早めに手続きをします。

【必要書類等】

・登記申請書
・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
・被相続人の住民票(除票)
・相続人全員分の戸籍謄本と住民票の写し
・遺言書または遺産分割協議書
・相続人の全員の印鑑証明書
・固定資産税評価証明書
・登録免許税
固定資産税評価額×0.4%(遺贈の場合は2%)
・司法書士報酬(依頼する場合)
不動産1件あたり5~8万円

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ