MENU タップでメニューを表示

相続税の控除の対象

《相続税の控除の対象》

債務や未払い金は相続財産から差し引くことができます。

控除対象になる債務

・住宅ローン

・事業用ローン

・その他金融機関からの借入金

・葬儀費用

・被相続人が納めるべき所得税や消費税

・亡くなった後に支払った入院費用等

 

葬式費用で控除できるものとできないもの

控除できるもの

・火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用(仮葬式と本葬式を行う場合は両方可)

・遺体の捜索、遺体や遺骨の運搬・回送にかかった費用

・葬式などの前後に要した費用で通常葬式などにかかせない費用(お通夜にかかった費用等)

・葬式の際、お寺などに対しての読経料、お布施、戒名料等

 

控除できないもの

・香典返しのためにかかった費用

・生花、盛籠等(喪主・施主負担分は葬儀費用になります)

・墓石、墓地の購入費や墓地の借入料

・初七日や法事などに要した費用等

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ