MENU タップでメニューを表示

株式の評価方法

《株式の評価》

株式は上場株式(証券取引所で売買されているもの)と非上場株式(取引相場のない株式)とで評価方法が異なります。

上場株式

評価するときの終値×持株数=評価額

上場株式は、その株式が上場されている金融商品取引所が公表する課税時期の最終価格で評価します。課税時期とは、被相続人が亡くなった日や贈与を受けた日のことです。

 

下記のうち最も低い価格で計算します。

1.相続開始日の終値

2.相続開始月の終値の月平均額

3.相続開始月の前月の終値の月平均額

4.相続開始月の前々月の終値の月平均額

 

非上場株式

1株当たりの金額×持株数=評価額

「株主の議決権割合」と「発行会社の規模」によって評価方法が決められます。具体的には「相続税財産評価基本通達」に定められています。

1.大会社 純資産価格方式

2.中会社 類似業種比準方式

3.小会社 上記①と②の併用方式

4・配当還元方式

 

非上場株式を正確に評価するには、かなり専門的な知識が必要です。ここでは簡便的に、評価する会社の直近決算の純資産を用います。

純資産は、資産から負債を引いた金額です。

非上場株式

会社が所有している不動産は、貸借対照表の資産に計上されます。資産の金額は買った時の金額ですから、現時点の時価は全く反映していません。そのため、現時点の時価と大きな差、いわゆる含み損益がある場合には、その差額を純資産に加減算します。

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ