MENU タップでメニューを表示

配偶者の税額軽減

《配偶者の税額軽減》

配偶者は、被相続人の財産形成に貢献しているため、今後の生活費の負担を考えた税額軽減があります。取得した財産額が法定相続分、または1億6,000万円までであれば相続税はかかりません。

◇対象者

被相続人の配偶者

◇控除額

相続税の総額×A、Bいずれか少ないほうの金額/課税価格の合計額

A 課税価格の合計額×配偶者の法定相続分

B 配偶者の課税価格

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ