MENU タップでメニューを表示

遺産相続の基礎知識

相続税対象者が大幅増?

相続税納税の資金対策2015年1月1日から相続税の基礎控除額が引き下げられました。これまでは相続税とは無縁だった人も、相続税の納税をしなくてはならなくなるケースが増えてきています。2014年以前は8,000万円以下の相続財産の場合相続税の納税の必要はなかったのですが、2015年1月1日からは4,800万円を超える相続財産の場合にも相続税の申告、納税が必要となりました。

相続税対象者が大幅増?について詳しく見る

相続トラブルが増えている

相続争いは相続財産の多い家での話かと思っていたら大きな間違いです。それほど資産の無い家庭ほど相続の争い「争続」は起こりやすいといえます。家庭裁判所の「遺産分割」の紛争を見ると遺産が5,000万円以下の場合だけで75%占めています。

相続トラブルが増えているについて詳しく見る

相続対策3つのポイント

相続対策に大切なポイントとして「円滑な遺産分割のために遺言等の対策が必要」「土地などの換金性の低い財産の場合、相続税の納税資金準備が必要」「相続財産が多くなるほど税率が高くなりますので軽減対策が必要」があげられます。

相続対策3つのポイントについて詳しく見る

相続税申告までの流れ

相続税は、相続開始の翌日から10ヶ月以内に申告、納税しなくてはなりません。一生のうちに何度も無い相続税の申告までの流れを解説します。

相続税申告までの流れについて詳しく見る

遺言書について

「子のいない夫婦」「自宅以外の財産がない」「相続人が多い」「事実婚のパートナーがいる」「独身で身寄りがない」など亡くなられた方には様々な状況があります。相続でもめないためには遺言書が有効です。

遺言書について詳しく見る

相続税納税の資金対策

相続税は、原則として相続が開始して10ヶ月以内に現金で納めることが求められます。売却に時間のかかる不動産など事前に処分できるものは早めに処分することで、納税資金の準備をすることができます。相続税納税のための資金対策は早めに手を打っておく必要があります。

相続税納税の資金対策について詳しく見る

相続税の節税対策

相続税の節税対策には「財産そのものを減らす」「財産の評価額を下げる」「さまざまな制度を利用する」など様々な方法があります。その人にあった節税対策をすることで相続税を軽減させることが出来ます。相続税の節税対策は早めに手を打っておくことが大切です。

相続税の節税対策について詳しく見る

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ