MENU タップでメニューを表示

相続税納税の資金対策

相続税納税の資金対策相続税は、原則として相続が開始して10ヶ月以内に現金で納めることが求められます。売却に時間のかかる不動産など事前に処分できるものは早めに処分することで、納税資金の準備をすることができます。相続税納税のための資金対策は早めに手を打っておく必要があります。

  • 生命保険に加入しておく(納税資金や代償金の原資)
  • 売却に時間がかかる不動産は早めに売却して換金しておく
  • 不動産を売りやすい物件に買い換えておく
  • 上場有価証券などの現金に換えやすい財産にしておく
  • 延納(分割払い)や物納(相続財産そのもので納める方法)を検討しておく
    ⇒かなり条件は厳しい。認められても利息(利子税)が付き、担保も必要
メールでのお問い合わせ

このページのトップへ