MENU タップでメニューを表示

相続税対象者が大幅増?

相続税基礎控除額の引き下げ

2015年1月1日から相続税の基礎控除額が引き下げられました。これまでは相続税とは無縁だった人も、相続税の納税をしなくてはならなくなるケースが増えてきています。

2014年以前は相続税の基礎控除額が

5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

でしたが、改正後の2015年1月1日からは

3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

と、なりました。

相続人が妻と子供2人の場合は…

2014年以前は相続税の基礎控除額が

5,000万円+(1,000万円×3)= 8,000万円

でしたが、改正後の2015年1月1日からは

3,000万円+(600万円×3)= 4,800万円

となります。

つまり、相続人が妻と子供2人の場合、2014年以前は8,000万円以下の相続財産の場合相続税の納税の必要はなかったのですが、2015年1月1日からは4,800万円を超える相続財産の場合にも相続税の申告、納税が必要となりました。

基礎控除額の引下げで相続税対象者が大幅増に

下のグラフのように2015年1月1日から相続税の課税対象者は亡くなられた方全体の10パーセントにまで増えると言われています。都市部ではマイホームに対しても相続税の申告が必要になってくる場合があります。

相続税対象者が大幅増

相続について気になる場合は早めの対策を行なうことが大切です。

メールでのお問い合わせ

このページのトップへ