MENU タップでメニューを表示

相続税の節税対策

生前に出来る相続税の節税対策

財産 評価を減らして節税 財産を減らして節税
現金 ○ 不動産を購入
○ 建物資金に利用
○ 贈与
普通 110万円
教育資金 1,500万円
住宅取得 1,000~1,500万円
配偶者控除 2,000万円

○ 寄付
株式 △ 同族会社株であれば計画的に
評価が下がる状況を作る
○ 贈与
生命保険 ○ 非課税枠1人500万円 ○ 現金→保険加入
不動産 ○ 土地活用
○ 分筆
○ 広大地確保
○ 小規模宅地特例要件
○ 寄付
○ 贈与
○ 売却→現金→購入
その他対策 養子縁組(基礎控除増1人OR2人) 法人設立(現金増回避)

相続税の節税対策事例【1】

「財産を減らすこと」と「評価を下げること」の組み合わせ

財産そのものを減らす(生前贈与対策)

相続税の節税対策事例【2】

「財産を減らすこと」と「評価を下げること」の組み合わせ

財産の評価額を下げる

相続税の節税対策事例【3】

「財産を減らすこと」と「評価を下げること」の組み合わせ

さまざまな制度を利用する
メールでのお問い合わせ

このページのトップへ